フードアドバイザーとは?

食と運動を組み合わせて、美と健康を守る。

一般的に「フードアドバイザー」とは、飲食店の開業や経営に携わり、店舗運営やメニュー企画・開発、テーブルコーディネートまでアドバイスできる専門家のことを言います。

当協会では、単なる"フードアドバイザー"ではなく、「ヘルシー&ビューティー フードアドバイザー」の育成を目的としています。

ヘルシー&ビューティー フードアドバイザーは簡単に言うと、食と運動との連携を通じて健康に根ざした真の「美しさ」の実現をめざして、様々な分野で具体的な助言を行う人のこと。

つまり、それぞれを別々に捉えるのではなく、「食」と「運動」を連携して「美」と「健康」を生み出しトータルアドバイスできる、それがヘルシー&ビューティー フードアドバイザーなのです。

まずは、正しい健康管理をすることで、自分や家族がより豊かで健康な毎日を送ることができるでしょう。

すでに多くの人が食、運動、健康、美容など様々な分野で仕事をしていますが、それぞれに独立した分野の仕事が多い中で、「食」と「運動」を連携し総合的に健康と美容を見据えたアドバイザーとして活躍できる場は今後、さらに広がっていくでしょう。